ホワイトニングの注意点

前項ですべての人にホワイトニングが効果があるとは限らないと示しましたが、向かない人や適応していない人というのがあります。小児、妊娠中、授乳中のかたは薬剤を使うこともあり控えたほうがよろしいでしょう。無カタラーゼ症のかたは過酸化水素(ホワイトニングの主成分)を分解するカタラーゼが不足していますのでこちらも控えたほうがよろしいようです。神経が死んでいる歯はホワイトニングの効果が十分に発揮することができません。この場合通常のホワイトニングではなく、歯に穴を空け、そこに薬剤をつめる「ウォーキングブリーチ」という方法になります。

ホワイトニングは歯を傷つけることなく、歯の色素を分解させていくものです。そのため歯の変形や傷、段差がある場合はその影響が強いため効果がありません。テトラサイクリン歯というのがあります。テトラサイクリン系の薬を病気の治療のため、歯の内部に色素が沈着したものです。ホワイトニングは飲食物による色素を分解するもので、薬による沈着には効果が期待できないのです。この二つのケースはホワイトニングには向いていま、せんが、白くするのが不可能というわけではありません。セラミッククラウン、ラミネートベニア、ティーシーズという方法がありますので諦める必要はありません。

ホワイトニングそれぞれ

オフィスホワイトニングは効果がでるには個人差があり、そのため費用にも個人差が生じることがあります。また一度白くなったからといって永続して白いままではありません。ハウスホワイトニングはマウスピースを使用するため嘔吐反射をお持ちのかたは、お勧めできません。そのため自分に合ったホワイトニングを行うようにしましょう。ホワイトニングはどちらか一つの方法で行えばよいというものではありません。併用して行うことも可能であり、併用して行うことをダブルホワイトニング、デュアルホワイトニングと呼ばれます。併用することにより、各々のデメリットを補うことが可能であり、効果がでやすく、効果を長続きさせることができます。

ホワイトニングは天然の歯を白くするために行います。そのため差し歯や詰め物など、人工的なものには効果はありません。薬品を使うため、歯が染みることがあります。知覚過敏のかたや、歯が削れる、磨り減っているかた、現在治療中のかたは注意が必要になり、医師に相談してください。ホワイトニングはすべての人に同じ効果があるとはいえませんし、効果が続くとは限りません。そのため治療を受ける前には必ずしっかりと医師とカウンセリングを行うことをお勧めします。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、1989年にアメリカで実用化された歯を白くする治療法です。黄ばみや染みを落とすのではなく、歯そのものを白くするもので、歯の表面に傷を入れることなく、歯の中にできた色素を分解して元の白さを取り戻すものです。ホワイトニングは自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

ホワイトニングは、白くするところから漂白、ブリーチングとも呼ばれていました。ですが漂白剤やブリーチ用溶液は体に対してよいイメージはありません。そのため発祥の地アメリカでもブリーチングという言葉は控えるようになりました。ホームホワイトニングは歯科医院で歯型をとり専用のマウスピースを作ります。そのマウスピースに低刺激の過酸化尿素をいれ、指定された時間だけ装着することによりホワイトニングを行うことです。オフィすホワイトニングは歯科医院で行う通院型のホワイトニングのことで、変色している歯、一本一本に薬剤を塗り、レーザーなどの光を掃射し歯の内部の色素を分解していくものですが、治療法によっては光をあてないものもあります。

ホワイトニングは自由診療であり医院(薬剤)などにより料金が違いがあります。そのため料金や治療法など確認は行うようにしましょう。悪くない歯をいじるというのに抵抗がある人もいらっしゃるでしょうが、ホワイトニングは歯を削るという成形(整形)ではありません。肌に行うスキンケア、歯に行うケア、マウスケアなのです。