ホワイトニングそれぞれ

オフィスホワイトニングは効果がでるには個人差があり、そのため費用にも個人差が生じることがあります。また一度白くなったからといって永続して白いままではありません。ハウスホワイトニングはマウスピースを使用するため嘔吐反射をお持ちのかたは、お勧めできません。そのため自分に合ったホワイトニングを行うようにしましょう。ホワイトニングはどちらか一つの方法で行えばよいというものではありません。併用して行うことも可能であり、併用して行うことをダブルホワイトニング、デュアルホワイトニングと呼ばれます。併用することにより、各々のデメリットを補うことが可能であり、効果がでやすく、効果を長続きさせることができます。

ホワイトニングは天然の歯を白くするために行います。そのため差し歯や詰め物など、人工的なものには効果はありません。薬品を使うため、歯が染みることがあります。知覚過敏のかたや、歯が削れる、磨り減っているかた、現在治療中のかたは注意が必要になり、医師に相談してください。ホワイトニングはすべての人に同じ効果があるとはいえませんし、効果が続くとは限りません。そのため治療を受ける前には必ずしっかりと医師とカウンセリングを行うことをお勧めします。