ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、1989年にアメリカで実用化された歯を白くする治療法です。黄ばみや染みを落とすのではなく、歯そのものを白くするもので、歯の表面に傷を入れることなく、歯の中にできた色素を分解して元の白さを取り戻すものです。ホワイトニングは自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

ホワイトニングは、白くするところから漂白、ブリーチングとも呼ばれていました。ですが漂白剤やブリーチ用溶液は体に対してよいイメージはありません。そのため発祥の地アメリカでもブリーチングという言葉は控えるようになりました。ホームホワイトニングは歯科医院で歯型をとり専用のマウスピースを作ります。そのマウスピースに低刺激の過酸化尿素をいれ、指定された時間だけ装着することによりホワイトニングを行うことです。オフィすホワイトニングは歯科医院で行う通院型のホワイトニングのことで、変色している歯、一本一本に薬剤を塗り、レーザーなどの光を掃射し歯の内部の色素を分解していくものですが、治療法によっては光をあてないものもあります。

ホワイトニングは自由診療であり医院(薬剤)などにより料金が違いがあります。そのため料金や治療法など確認は行うようにしましょう。悪くない歯をいじるというのに抵抗がある人もいらっしゃるでしょうが、ホワイトニングは歯を削るという成形(整形)ではありません。肌に行うスキンケア、歯に行うケア、マウスケアなのです。